読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

101配列からこんにちは

Twitterで足りないこと、細かく書きたいことを書くとこ。

そろそろパフォフェスの話⑥

101配列からこんにちは、ペンニーです。

 

 はい。長らくお待たせいたしました、完結編でございます。

 色々忙しかったのとやっぱりユニットパフォのことを書くのが難しいので時間がかかりましたがそろそろまとまってきた(予)ので書きたいと思います。

 さーいっちゃいましょう!!

・20番 KIBAさん

youtu.be

自由すぎる!!

 KIBAさん、あんびるさん、火雪さん、KOBAKOさん、jax-7さんと関東のカッコいいパフォーマーさんのパフォはやっぱり良いですね。関西には無い流れというかスタイルがありますね。(大阪のキメキメ系とは違うという意味で)

 そしてこの自由なプレースタイル。自由すぎますね。某Fさんとはまた違った自由な感じが良いですね。

 ここ最近、こういう自由なパフォーマンススタイルの人が増えてる気がします。自由でありながらもしっかりクリアしつつ面白い見どころもあり動きも丁寧で綺麗、素晴らしいですね。

 所々でバーを使ったしぐさがあるのですが、それも一つ一つ違った使い方をされていて、なんか真似したくなりますよ。あの逆上がりっぽい奴とか絶対真似できないし怪我しそうだけど、テンション上がったらやってしまいそうです。

 トリにふさわしい、DDRを使ったパフォーマンスだと思いました。最後にサクッとKIBAさんのDDRパフォ感に触れられてるのもあまり聞けないところなので嬉しいですね!

・ユニット1組目 あいつとこいつ

 ユニットは相変わらず敬称省略で書かせていただきます。低く見てるとかそういうことではありません。チーム名も作品かなと思ってるのでこの形をとらせていただいてます。

youtu.be

コントだ!!

 実はこういうのやりたい。エディット機能が使える(これエディットなのかな?)とこういうこともできるんだろうなーと思いながら見てました。声の張りかたとか実際にこういうのを考え付いたら参考にさせていただこう。

 画面下のボタン押したり、膝で押したり、座り込んでみたり、DDRパフォ始めたころの僕もこんなんやってたなーとか思って懐かしく思いましたw

 白筺体でプレーしてみて押しっぱなしが難しいことに気が付いて座ったりはあんまり出来なくなりましたけどね。今でも誰も見てないところでは結構いろんなこと試してみてます。

 コント系パフォってそういやあんまり見ないですね。1分半~2分でコント作るの難しそうなんで僕は台本作ったりする技量がないのでまだ考え付いても形に出来ませんがこういうのがもっと増えていけばいいと思います。いろんな形のDDRパフォがあれば窓口が広がる感じがします。

 最後にちゃんとダンスっぽいパフォも見れて満足しました(笑)いや、こういうのホント好物ですね。

・2組目 パンダさんチーム

youtu.be

凄い!!

 もうこの一言に尽きますね。やっぱ凄いですよパンダさんチーム。

 そろそろパフォフェスの話シリーズで書きましたが、DDRパフォ界トップゲーマーがりりぃさんだとしたらDDRパフォ界トップアスリートはぺんこさんだと思ってます。トップゲーマーとトップアスリートのユニットパフォ。やっぱ凄いですね。なんかDDR筺体がお二人の体の一部なんじゃないかと思っちゃいます。

 Keep On Movin'も個人的に凄く好きな曲なんですよね。なんとなく、DDRというゲームをよくあらわしてる1曲だって感じがするんです。

  0:45のりりぃさんがぺんこさんを持ちあげてる(ぺんこさんが自分で跳んでる気もしますけど)部分とか、0:40、0:53のお二人がバーを飛び越えるところとかホントにどういう遊び方してたらこういう思いつきができるんだろうって思いますね。

 最初の所と0:54から会場に手拍子を要求しつつ自分たちのリズムを会場に与えていくところとかも好きで、こういうことをしながらも振り付けの世界観を崩さない構築力はパンダさんチームの強みの一つだと思います。

 最後に、シャツのパンダをずっと生茶パンダだと思ってました。なんか会場で「違うよw」って言われたんでここで他の人の誤解も解いておこうかなと…あ、そんな人いない?

・閑話

 前に自分の作るものは文章であれ音楽であれ自己表現になってるのではないのだろうか?という話を聞いたのですが、その話を聞いた時に「DDRパフォも自己表現として認められるのだろうか?」と思ったのです。

 僕はそれまでDDRパフォは「曲の表現」「曲を聞いた自分から跳ね返ったもの」といった風に考えて作っていました。実際、これも自己表現と言われればそうなのかもしれません。自分から出たものと言えばそうですしね。

 上手い人のDDRパフォを見ればその人の感性が見えてくるのだろうか?と思ったこともあったんですが、上手い人ってのは「芸人タイプ」と「ダンサータイプ」と「アスリートタイプ」に分かれてて正直「アスリートタイプ」の人のパフォは見ててもなにか伝わってくるものが無かったんですよね。凄いんだけど、それ以上に感想が出てこない(出にくい)みたいなね。

 色々小難しいことを言ってもDDRDDRというゲームですし、結局は皆さん楽しいからやってる。楽しいからこそ続いてるというものが根本にはあると思います。

 DDRパフォの大会のなにが好きかってそれぞれ目指すもの魅せるもの、見るものは違っても参加してる人全員がDDRが好きだって気持ちでまとまっているところなんです。これからもそういう素晴らしい大会を続けて欲しいと思いますし、可能な限り参加したいと思います。

・3組目 Twelve+

youtu.be

ほんでこれはなんなの!?

 もうなんか酷いね。自己表現とかそういう話これの後に書きたくないから先に書いたんですけど、先に書いてあってもこれ自己表現も曲の表現もねーなって感じです。

 あんまこの動画見たくないんだけど、とりあえず見ないことには色々書けないのでみます。

 先に断っておくと全員素面のはずです。アルコール入ってから始めたわけじゃありません。

 最初はなんだっけな、ししどんと「今回もTwelveでなんかやる?」みたいな話をしてる時にちる揚げ出しペアがパフォフェス参加するよーって教えてくれたんで「じゃあ折角だしみんなでなんかするか」ってなったのが始まりだったと思います。

 打ち合わせがいらなさそうだからシルバードリームにしよう→誰も矢印踏んでない

 揚げ出し豆腐に歌わせようぜ→声は動画に入らない(というか口パクだった気もする)

 男共はオタ芸やろうぜ!ロマンス打とう!!→疲れてるからやらなかった。

 こんな感じで打ち合わせはほとんど意味のないものになりましたがとりあえず、笑ってもらえるものが出来あがった(?)と思います。ほとんど本人たちが楽しいだけ。

 文句を言うと、サビでロマンスやろうぜ!!って言ってたししどんにサビでちらっとアイコンタクト送ると「やらないつかれた」って感じで首を軽く振りやがったのホントひでぇって感じですね。その前にPPPHでアホ見たいに跳んだんで僕も疲れてたんで内心ホッとしましたけど(笑)

 ちるさんにアドリブを強要したり色々酷いところもありましたが、とりあえず

3人倒した!!

 次はまた別のアプローチで面白いことが出来たらいいなと思います。

 えー僕からは最後に一言だけ

 「段差のあるところで跳ね続けると、段差の上の方にある脚に大きなダメージを残します」

 ありがとうございました。

・そろそろパフォフェスの話 おしまい

 

 

4月中に終われてよかったです。ここまでお付き合いありがとうございました。